« 今年もNPOフェスタに出店 | トップページ | 箕面の畑で菜の花の種蒔き »

2011年10月 5日 (水)

今年は二中で2回目の芋ほり、上出来でした。

104jpg 10月4日は好天に恵まれ、絶好の芋ほり日となりました。菜の花を収穫した後の二中の畑にはサツマイモが植えられ、メンバーの献身的なお世話のおかげで、立派なサツマイモがたくさんとれました。これらのおイモは、10月22日の「いきいき祭り」で、ふかしイモとして売る予定です。その収益金は貴重な会の活動資金となります。2週間あるので、きっとその間に味がよくなることでしょう。104

また、取ったサツマイモのツルなど残渣は、隅に集めて、堆肥作りに利用されました。細かく切り刻んで、適度な水と栄養源の米ぬかを加えながら、堆肥の達人の木村さんがフォーク鍬で重ねていきます。堆肥作りは、菜の花プロジェクトでは欠かせない作業となりました。この後の四中でも、堆肥づくりは菜の花栽培の隣で行う予定です。

Jpg また、サツマイモ畑の隣では、苗床を作っています。一度、9月末に播いた種が芽を出していなかったので、10月4日に再度種を播きました。

11月上旬には苗の移植を、生徒たちと一緒にやる予定です。それまでに順調に大きくなってくれることでしょう。

 

« 今年もNPOフェスタに出店 | トップページ | 箕面の畑で菜の花の種蒔き »

箕面市立第ニ中学校」カテゴリの記事