« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月16日 (日)

箕面の畑で菜の花の種蒔き

Photo_2  箕面の山並みと芦原公園をバックにし、箕面団地のすぐ近くに田んぼがあります。ただし、この2年間ほどは稲が植えられておらず、雑草が生い茂っていました。かつては高齢のご夫婦が田植えをされておられました。聞くところによるとお爺さんがお亡くなりになり、それ以来田植えがされていないようです。その後を継がれた息子さんに、菜の花を植えていただけるのなら「菜の花プロジェクトみのお」が全面的に協力したい旨申し出たところ、こちらの趣旨と思いをご理解いただけ、田を菜の花が植えられるように耕してくださいました。
Photo_3  10月15日、16日の両日、菜の花プロジェクトのメンバーが早速ナタネの種蒔きをしました。ちょうど、雨降りの翌日で、畝と畝の間には水が溜まっています。長靴を履き、一粒づつナタネを播いていきました。通りがかりの方々が「何をしてるのですか?」と興味深げに聞いていかれ、「ナタネを播いています」というと「春が楽しみですね!」と言葉がかえってきます。ここは多くの方々が通行されるので、きっと菜の花が咲けば、市民の方々の関心度は高まることでしょう。また、スズメや鳩も関心をもって見ています。鳥たちに食べられないようにしないと。これから人と鳥の知恵比べが始まります。 「菜の花プロジェクトみのお」の事務所から徒歩1分のところです。何かあればすぐ駆けつけられるのが何よりです。オーナーさんと力を合わせて、菜の花を育てていければと思います。

2011年10月 5日 (水)

今年は二中で2回目の芋ほり、上出来でした。

104jpg 10月4日は好天に恵まれ、絶好の芋ほり日となりました。菜の花を収穫した後の二中の畑にはサツマイモが植えられ、メンバーの献身的なお世話のおかげで、立派なサツマイモがたくさんとれました。これらのおイモは、10月22日の「いきいき祭り」で、ふかしイモとして売る予定です。その収益金は貴重な会の活動資金となります。2週間あるので、きっとその間に味がよくなることでしょう。104

また、取ったサツマイモのツルなど残渣は、隅に集めて、堆肥作りに利用されました。細かく切り刻んで、適度な水と栄養源の米ぬかを加えながら、堆肥の達人の木村さんがフォーク鍬で重ねていきます。堆肥作りは、菜の花プロジェクトでは欠かせない作業となりました。この後の四中でも、堆肥づくりは菜の花栽培の隣で行う予定です。

Jpg また、サツマイモ畑の隣では、苗床を作っています。一度、9月末に播いた種が芽を出していなかったので、10月4日に再度種を播きました。

11月上旬には苗の移植を、生徒たちと一緒にやる予定です。それまでに順調に大きくなってくれることでしょう。

 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »