箕面こどもの森学園

2016年3月16日 (水)

ロハス@箕面こどもの森学園

3月12日(土)箕面こどもの森学園で行われたロハスに参加しました。
Img_20160312_115911_2
菜の花プロジェクトみのおのブースは”有機野菜たっぷりのスープ”‼
”ハト麦とサツマイモの美人スープ(ゆずとクルミ入り)”と”鳥ハム入りの豆乳スープ”
Img_20160312_104151
100人分用意したスープは、終了2時間前に完売‼ ほっこりスープは大人気でした。
Img_20160312_120522
有機野菜の栽培、美味しいスープの料理、そして販売、
たくさんのスタッフの手仕事に支えられての完売でした。
皆さん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


2015年7月14日 (火)

油絞り始まる

今年も油絞りのイベントが始まりました。
Photo

7/14(火)、子どもの森学園がスタートで、18名の学園児が参加。まず神前代表から「菜の花プロジェクト」についての易しい解説をした後、2名づつ9組に分かれて収穫したナタネの加温、ホッパーへの投入、油絞りの作業を体験しました。

1.4キロの種から、240ミリリッターのナタネ油が出来てまずまずの出来。作業終了後パンにつけたりして楽しみながら味わいました。

今年度のこの学園のプロジェクトへの参加は、学園の都合でお休みとなります。

2014年10月 3日 (金)

種まき

10月2日(木)午後、子どもの森学園でナタネの種まきをしました。Photo_3


当学園では、来年度に向けての活動は希望者のみに絞って進めることにしたため、当日は4名の参加でした。
サツマイモを収穫した後の畑に小さな苗床を作り丁寧に種をまきました。Photo_4


その後、畑を起し苗植えの準備をしました。
全員で10名程度が活動に参加希望のようで、これからこじんまりした体制で進めることにしました。

2014年7月 9日 (水)

油絞り始まる

刈取り、種の選別作業が終わり、7月に入り搾油作業が各場所で始まりました。
Photoまず最初は、メイプルホール前で7月5日におこなわれました。
続いて8日に「こどもの森学園」で18名の園児が搾油と搾油された油を使ってポップコーン作りに挑戦しました。
Photo_2
ほぼ2.5キロの種から500mLほどの油が搾られ、大収穫といえます。
出来立ての香ばしいポップコーンと、パンに一番搾りのナタネ油をつけて頬張りながら園児たちは大喜びでした。
秋にナタネの跡地に植えたサツマイモを収穫の後来年もまた菜の花プロジェクトに参加してくれることでしょう。


2013年11月 8日 (金)

箕面こどもの森学園の「苗」と「本」

 こどもの森学園の苗が順調に育っています。Photo_3

Photo 下旬に子ども達と苗植えを行う予定です。5メートル弱の長さの畝を4畝ほど植える分には充分の本数でしょう。

なお、学園では先月に写真のような紹介本を発刊されました。本のなかに「地域の活動から学ぶ」という項目で「菜の花プロジェクトみのお」との関わりに触れています。

 一昨年度の活動の中で、種まきから収穫、最後の油絞りまで、子ども達がどのように私たちの動きを受け止めていたか、どう感じていたかを3ページ半に渉っていきいきと描かれています。皆さんも一度ご覧になってください。

2011年3月20日 (日)

菜の花が咲き始めました

3月19日(土)、こどもの森学園で春のフェスタ「ロハスinこどもの森」が開催されました。

園庭の菜の花は、西側の一畝が早咲きの菜花で写真のように満開、他の三畝はチラホラ咲きでした。

Imgp0729 園庭では、「遊びとアート」をテーマに折紙、木工教室や、手造りパン焼き、自然食品の販売などの催しが行われました。

Imgp0726_7

菜の花もこれらの催しに彩りを添えていました。

2010年11月18日 (木)

子どもの森学園と吹田で苗植え

11月15日(月)子どもの森学園、18日(木)吹田のグローバルヴィレッジ・インタナショナルプレスクールで苗植えをしました。

吹田のプレスクールは、子どもの森学園での活動に興味をもたれて活動をはじめられたものです。

子どもの森学園:二年目にはいり子ども達もなれた手つきで、よく育った苗を苗床から掘り起こし、畑の整地、肥料の散布、畝作りをして苗を植え付けました。

Imgp0686 Imgp0688

苗床の苗の他に自生したものもあり、200本以上になりましたので余った苗は吹田に持っていくことにしました。

Imgp0691 Imgp0692_2

プレスクール:園庭で4~5歳児27名と先生方にプロジェクトの紹介と循環型社会の大切さを、黒田さんからやさしく説明した後、花壇とプランターに苗を植えました。

Imgp0697 Imgp0700

花壇は日当りの良いのですが、砂が主体のサラサラした土なので水があまりしみ込まず根付きが少し心配です。

Imgp0703 Imgp0704_3 

Imgp0709  Imgp0706_3

花壇とプランターとで150本ほどの苗を、園児たちと1時間程かけて植え付けました。小野原から持ってきた苗を全部使い切りました。

野菜作りに熱心な先生方がおられたので、水遣りなどよろしくお願いをして来ました。

2010年6月12日 (土)

子どもの森学園で種取と堆肥作り

6月11日(金)午後、種取り、堆肥つくり、サツマイモの土寄せ作業をしました。

真夏のような暑さでしたので、屋内ホールで種取り作業をしました。

まず乾燥した茎から鞘をはずし、種をはじかせるため竹製の棒でたたき、篩で仕分け作業です。

Photo Photo_3 

その後、細かい篩や、ウチワ、トウミなどを使ってゴミをとりのぞく精選作業をして、ほぼ4キロの種が収穫できました。

Photo_4

15平方メートルほどの畑からの収穫としては上出来です。

2時間ほどかけて、保護者の方も参加されての作業で汗だくでしたが、出来上がった種を見て皆で歓声をあげました。

夕方、涼しくなってから屋外で切り株、茎、鞘などで堆肥をつくり、サツマイモに土寄せをしました。

サツマイモは、しっかりと根付いていました。

Photo_5

2010年5月22日 (土)

子どもの森学園での刈り取りと苗植え

5月21日、子どもの森学園でナタネの刈り取りと、サツマイモの苗植えをしました。

程よく実ったナタネを子どもたちは、植木バサミや手持ちのハサミで刈り取り、室内のホールに運びました。

その後、切り株を起し、肥料をまき、耕して畝を作り、サツマイモの苗を植えました。

一時間半ほど汗を流しながらの作業でしたが、昨秋からの畑作業で慣れたせいか畝を上手につくれる子もいて、けっこう楽しんでいました。

次の種取は、6月11日(金)です。

Imgp0618_5 Imgp0621_5 Imgp0623_4