泉原の畑

2016年4月 3日 (日)

アブラムシ退治&菜の花まつり

2016
4月3日、今年は予定を変更し、2週間早い菜の花まつりを開催することとなりました。ただし、その開花した菜の花に沢山のアブラムシがついたため、菜の花まつりは急きょ、アブラムシ退治を兼ねたものになりました。アブラムシはとなりのソラマメにもびっしり。木酢液にニンニクなどを入れた液を薄めてスプレーでアブラムシにかけるのです。菜の花にもソラマメにもびっしりとアブラムシがついているのを洗い落とすのはとても根気が要ります。被害がひどいのは茎ごとごっそりと引き抜きました。


2016_2
 幸い15名の参加者だったので、人海戦術で2時間程度で何とかアブラムシを食い止めることができたようです。その後はアブラムシ除けのキラキラ光る銀紙を畑のあちこちにとりつけました。


2016_3
 仕事をやり終えた後には楽しいランチタイムが待っています。いつものように、神前先生お手製の料理に舌鼓をうちながら、それぞれ自己紹介をしながら楽しいひとときを過ごしました。どうかアブラムシ被害が再び広がらないことを祈りつつ、畑を後にしました。

2015年11月 7日 (土)

お芋掘り

10月31日(土)泉原の畑でお芋掘りをしました。参加者は12人。お天気に恵まれ、お芋掘りの他に堆肥の切り替えしやタマネギの苗の植えつけなどもしました。
Photo
堆肥は発酵が盛んで、ホカホカの湯気が立ち上がっていました。

お芋もしっかりと太ってきていて、大きい芋を掘りあげるたびに歓声が上がりました。Photo_2
泉原の畑は、段々畑で芋の他に様々な野菜が植わっています。また菜の花も気温が高く、予想以上に育っています。

Photo_3
収穫したての野菜を使った神前代表の手料理を味わいました。お野菜たっぷりの豚汁にサラダなど本当に美味しく、みな大満足でした。Photo_4

11月13日にもお芋掘り。そしてその後、菜の花の植えつけをします。
泉原の畑に行くと空気が美味しく、生き返ったような気持になります。
今回初参加の方がとても喜んでおられ、また来たいとおっしゃっていました。


2014年11月26日 (水)

泉原の畑に菜の花を植える

西小路の畑での栽培活動は10月末でピリオドをうち、今期は茨木市泉原の畑で菜の花を栽培することになりました。11月15日(土)には、13名の会員が揃って畑で作業を行いました。菜の花を植える面積は、西小路の畑と同じくらいの広さです。野菜を収穫し、後に畝をたて、肥料を施して、苗を植えていきます。人海戦術であっと言う間に1300株くらいの菜の花を植え付けることができました。PhotoPhoto_2 
昼食は、小屋で神前先生手製の豚汁やサラダをいただきながら、交流することもできました。春には一面の菜の花畑が出現することを願いながら、これからも畑に通うことになるでしょう。今までとはちがって、箕面市民の目に触れにくいのでそれなりに工夫が必要です


2014年8月18日 (月)

泉原の畑で収穫

本年度から、茨木市泉原で畑を借用し、菜の花の連作障害防止対策の意味もも含めて農作業を始めました。
3アールほどの大きさですが、春野菜、夏野菜を各種栽培しています。
Imgp1816


今日は、ナス、キュウリ、トマトをはじめモロヘイヤやハーブ類を含めて多くの野菜を収穫しました。
これらを販売して、本会の活動費の主要な財源としています。
Imgp1819

秋に向けて、ナスとピーマンを剪定しさっぱりと枝葉を切取り追肥もしました。9月中頃には新芽が出て、みずみずしい秋ナスやふくよかなピーマンの収穫が期待されます。